RSS | ATOM | SEARCH
天井ホール名物?

謎の柱。
いや、何か意味はあるんだろうけれども。

このホールを使おうと思った人の8割はまず、『どうすんの、コレ…?』と思う。

真ん中にドーンとあるなら、使いよう、見せようもあるんでしょうけど、上手(かみて。お客様から見て右)の、『ここにこれさえなけりゃ、移動が楽なのに!』と思わずにいられないような位置にある…。

ので、大抵は幕の中に隠されてしまいます…。
(因みに夜光堂は1回だけこの柱を見せる形で舞台を組んだことがあります)
それでも、顔を合わせる度に、『やあ!』ってご挨拶したくなる、劇場の主みたいな存在…。
主だけど隠されてしまう存在…。

と、いうわけで、その柱様にお会いして来ました。

本日仕込み日!

総員すごい勢いで、昇ったりくぐらせたり貼ったり切ったり…致しました。

柱様はそんな私達を鷹揚に眺めていました…。

柱。
柱と言えば?

『八千水蜘〜やち、みずち』のもう一つの舞台…と言えば?!

身柱村!

その名は、八千さんの運命(さだめ)と密接に関わっています。

カンの良い方なら、薄々察していらっしゃるかもしれませんね。
多分、ソレです。

八千さん、ソレなんです(笑)。

お話の中にも柱が出て来ます。
だからって訳じゃないけど、劇場の主の方は隠しますけど(笑)。

どんな柱かって、それは観てのお楽しみってヤツですyo!
今日、バッチリ仕込んで来ましたからね!
期待して下さって結構ですよ…?

さぁ、本番は明後日に迫っております。

13時の回はあとちょっとだけですが、16時半の回には比較的余裕をもってお席をご用意できます。

まだ間に合います。
是非、コチラからチケットのご予約を!

夜光堂メンバーが好きで好きで仕方ないお話だから、出来るだけ多くの方に観て頂きたい!! と思っております!

柱の他にも色んなものを用意してお待ちしておりますので、日曜午後のひと時を、私達と過ごしてみませんか…?

category:[やちみず]公演前裏話, comments(0)
Comment









Trackback
url: http://urakkawa.yakoudou.com/trackback/36