RSS | ATOM | SEARCH
小道具話『みんなの湯呑み』

左後列から…キキョウ姐の湯呑み、ハナちゃんが取った大きい湯呑み、リンちゃん用の柄が入った湯呑み、左前列から…レイがぐいっと飲んでいた湯呑み、アカが微笑み全開で飲んでいた湯呑みです!

全てキキョウのお店のものですが、ヒートアップして暴れるお客さんが居る所為なのか、キキョウマイカップ以外は全て木で出来ています。
前列のまるまるが付いた湯呑みは…実は以前の演目で使用したものです。

お茶の飲み方ひとつとっても、それぞれのキャラクターの個性があって面白かったです。

レイは熱さも全然平気!
ぐびっと一気に飲んでいましたが(喉が焼けるので良い子は真似しないでください)、瞬時に使われているお水の味の良し悪しは判別していたようです。

アカはお茶が大好きなので、ゆっくりゆっくり味わって嬉しそうに飲んでいました…ハナちゃんの分まで!(そして多分、若干猫舌気味…?)
「お茶が大好き・お茶菓子が大好き」…これだけは、あちこちの分岐に飛ばされる前のアカから変わらないアカ自身の嗜好なのかなぁ…と思っています。

ハナちゃんは「うまい、まずい」がストレートに表情や言葉に表れるタイプ。
最初のジムジム茶は「ブー!」してましたが、レイが水を精製したほうはちゃんと飲んでくれていました!

リンちゃんは「お茶なんかより、ビャク様の安否のほうが気になるに決まってんでしょ!!」な感じ。
でもきっと、高級茶葉ジムジムも普段使いなのでしょうな。

キキョウ姐は艶やかな所作でとっても上品!
仕事場でも自分がお茶を飲むときはリラックスしてゆったりと…な姿勢は大人の女性ならではでした。

ムクの湯呑みは別で紹介しましたが、両手で包み込んで大事に飲んでいました。
マヴァル酒を飲む時との雰囲気の違いが、「お茶、イコール、キキョウ姐さんがいれてくれたもの」の差なのかなぁと思っています。

あ!ビャク様だけお茶飲んでない!!(遺跡でちっこい蛇に囲まれ中)
 
category:ツキノニジ, comments(0)
Comment









Trackback
url: http://urakkawa.yakoudou.com/trackback/3131