RSS | ATOM | SEARCH
得物話『ハナちゃんのメイス』

じゃん!
ハナちゃんがブンブン振り回していたメイスです。

こちらは吉田工房で作られた完全ハンドメイド。
ゴツゴツした部分の芯となっているのは…なんと「バナナカッター」!
この単語を初めて聞いた時、みんなの頭の上に「?」という記号が浮かんだものでした。
「バナナカッター…バナナカッターって…なに??」
その正体は、バナナの上からぎゅむっと押し当ててうまいことバナナを切る便利アイテムです。
どうしてそれを見て、メイスの芯になると思ったのか…モノ作りをする人の脳味噌は発想力が違う!
そのバナナカッターの形を改造して芯を作り、粘土を周りに纏わせて固めたものが大元。
それを吉田工房から下請け七海組が受け取り、柄には和柄シールを…ゴツゴツ部分には銀スプレーで着色を…更にニスでコーティングして完成しました!

このメイス、ちょんと尖った部分が稽古中にもげる、もげる、もげるゥ!
殺陣中に床や人体に結構なスピードで当たると、先っぽがポーンと飛んでいくのです。
一番の危険ポイントは、ハナちゃんのメイスをアカが奪う場面。
派手な動きの中で素早いメイスのやり取りが発生するので、要注意。
ここで万が一破損が発生した際に欠片を拾うのは、殺陣がなく、はわはわとこの状況を見守っているレイ。
「飛んだな!」と思ったら、すちゃっと近寄ってスッ!っと回収!
そして、ボンドでくっ付ける!

さて、この先っぽ砕ける問題、本番でももしかした起こりうるということで、吉田が考えた対策は…
「包帯などを巻いて固め、砕けても飛び散らないようにする!」
補修と強化を繰り返して、このメイスが完成したのです。

因みにハナちゃん、稽古が始まった当初はメイスを振るのが大変そうでしたが、練習を繰り返して最終的には「ぶんっ!!」と風切り音が鳴るほどに力強く振る事が出来るようになっていました。
キキョウ姐さんのお店の壷やら木箱やらを力一杯割るシーンは、演出のお気に入り。
クルクルと回す動作もハナちゃんのオリジナルです。
噂によると、二の腕がちょこっとムキっとした…とか?!
category:ツキノニジ, comments(0)
Comment









Trackback
url: http://urakkawa.yakoudou.com/trackback/3116