RSS | ATOM | SEARCH
本番中裏話『スキル2』
今回は、それほど本番中にトラブルはなかったのですが。
もちろん細かいものはかなりありますよ。
まあ、その中でも本当に血の気が引いたことがありまして。

アカは最後の最後まで「スキルを持たない」、という形になっています。
なので、絶対に誤爆してはいけないんです。
(誤爆はこちらの「スキル」を参照!)
なんですが、一度だけ本番中に誤爆しました。ていうか、練習中から一度もやってなかったのに!本番に一度だけ!
速攻隠しましたけれども!ばれてないといいな!

で、逆に「スキルを持たない」という風に見せていましたので、ラストの殺陣では、ばばんと光らせて「うそだー!アカ、スキル持ってたのー!?」と驚かさないといけません。
ええ、同じ回で、今度は一発目しか光らなくてですね…。
これは冷や汗だらっだらでした。

スキル」の記事にあるように、その人に合わせてスキルの仕組みはみやじマンさんがカスタマイズしてくれていまして、アカのスキルは実は「スイッチを押したとき」と「正常に光る程度に押してスイッチを離したとき」にぶるぶるっと震えるようになっていました。
割と殺陣の最中にさらっとスイッチを入れないといけないので、その目安になるようにです。
それから、アカは色んなスキルを使うので、都度色が変わるのですね。
その色を変えるのが実は音響席にいる宮島さんが変えているのです。遠隔で。
実は、私がスイッチを押しそこなった時用に、遠隔で光らせることもできるようになっていたのですが…が…。
ちょっとしたアレで、手元スイッチも遠隔操作もきかなくなり、沈黙してしまったのですよ!

2回目でスイッチが震えなかったので「あれ?」ってなって、舞台上でこっそりテストして「だめだー!つかねぇ!」と気が付いた私。
音響席で「うおっ!遠隔操作がきかなくなってる!」と気が付いた宮島さん。

さて、ここからが問題です。
私はもう「光る手」を見せないように手の甲を見せない動きに変えて、しかも光らない分動きを変更してカバーしましたが。
その動きを見て音を入れなければいけなかった宮島さんは多分、「入れていいのか!?今のは入れろ、という動きか!?」と迷ったことでしょう…。

とはいえ、無事にすべての音も入り、関係者は「あれ?」って思っても初見のお客様にはわからないように芝居も進み。
その回が終わった後でお客様がお帰りになっているまさにその頭上で、宮島さんと「なにがあった!?どうなった!?」と原因究明もし、無事に解決し…!

こういうの、ショー・マスト・ゴー・オンっていうんですかね!

というわけで。
どの回、とは言いませんが、一回だけアカの手が光らないバージョンがありました。
その回だけは光らないことをカバーするためにアカの動きが違っていたので、レアといえばレアだったんですー!
category:ツキノニジ, comments(1)
Comment
仕掛けが聞くまで分からなかった僕です。てへっ。
lpnemonemo, 2015/12/09 12:02 AM









Trackback
url: http://urakkawa.yakoudou.com/trackback/3102