RSS | ATOM | SEARCH
裏話『白蛇の歌』
 ツキノニジでは、「白蛇の歌」と呼ばれていた歌がありました。
劇中で舞い唄ったやつです。
開演前と終演後にも流れていましたね…。
あいつの歌詞を公開〜♪

*****
星の数を ひとつひとつ数え歩いて
浄化の雨 降り注いで
贄の灯り 空に浮かぶ
応えて 光戻る

命の数を ひとつひとつ数えさまよう
うつろう時 夜の息吹
消えた記録 残る記憶
抱いて 光となる
*****

まぁ、カンのいい方はこの歌が歌われた時点で「なんかあるぞこれ」って思ったかも知れませんが。
ありました!
一番はレイやハナの歌ですね。
二番がアカの歌です。

曲をつけるときに、こう…不安定な感じにしたいなぁと最初から三拍子につくることを決めてたんです。
でもですねー、私、三拍子でワルツじゃない、こういう曲って作ったことがなかった!
そして、最初はもう少し短い歌詞で三番までありました。
が。
あまりに踊りにくいのと、ちょーっとなんか劇中歌にするにはやりにくい。そして、曲がつけにくい!
ということで、少し歌詞を書き足して二番までにしました。
結果これでよかった…。

これが当初配布した譜面と歌詞。
上演したものとは違います。メロディーも一音変えました。
あと、全体的に下げました(あげました?)。
一音変えたというのが、不安定な感じにしたくて変えたので、そこがみんなものすごく音が取りにくいみたいで、練習中は音痴の集団みたいになってて面白かったです(笑)。
作った私はもちろん、音が取れない人です!(夜光堂でもっとも音痴!)

アカペラでソロで歌いだすリンちゃんは毎回毎回ものすごく練習してました。
そして、ムクは緊張するとテンポが速くなるので、「早いと踊れないから!」と練習中に私に言われ、ハナちゃんに「音が違う!」って言われてました。ハナちゃんは不安定な音もちゃんと歌える子だったのです♪
category:ツキノニジ, comments(1)
Comment
褒め言葉になるか分からないですが、本当に何か出そうでした!
lpnemonemo, 2015/11/20 1:25 PM









Trackback
url: http://urakkawa.yakoudou.com/trackback/3096