RSS | ATOM | SEARCH
「ソウル☆ガアル」裏話終了です!
公演終了から2週間、おつきあい頂きまして有り難うございます!
これにて、「ソウル☆ガアル」の裏話、終了となります!

夜光堂は死に神と魂の物語を終え、次の物語を紡ぐ準備をしています。

また次の新しい物語でお会いしましょう!
ありがとうございました!
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
キャラクター裏話『ココニ』(吉田)
 ココニと最初にあったのは何ヶ月も何ヶ月も前のこと。
死に神で、女の子で…なんだかサッパリわからない子でした。
「ソウル☆ガアル」の中にいるキャラクターとして、読み物としてのココニはとても楽しい子だなぁと思えたんですけれども、それを自分が?というと、どうしても「よくわからん」、「どこにとっかかりがあるかわからん」と思ったのです。

多分おそらく、怪事街シリーズで二夜ノ先生をやっていなかったら「無理だな」と思っていた子だったんじゃないかなと。
あまりにも私とはかけ離れすぎてて、平行線どころかねじれの位置関係。

そんな時期をどうやって越えて、まだ一欠片も出来ていない頃に演出に「(ココニは)出来る」とどうして言えたのか全く覚えていませんが。
テンションが高く、気持ちのアップダウンも激しく、スカートで殺陣をやるような動きの激しさもある、とっても女の子なココニさんが、ほんのひととき「ソウル☆ガアル」の物語で生きることに、多分チカラを貸せたと思います。

ココニを思い出してみると、いつでも強気に微笑っている姿が浮かんできます。
もう私の元にはいないので、その気持ちを感じられないのが残念ですけれども。
でもきっと、お話の終わった今でもずっと。
前を向いて、上を向いて、空を見て微笑って歩いているんじゃないかと思います。

それに。
私にはココニの背中に羽があるように見えてました。
だから空も飛んでるんじゃないかって、勝手に思ってます。

きっと、微笑いながら。
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
キャラクター裏話『死に神ソオル』(七海)
111106_1136~01.jpg
死に神ソオルは、ヘラヘラしています。

わざとでっかい声で喋って、ヘラヘラ笑って、なんでもないよって顔をして、ゴロゴロねっころがって日々を生きています。

心は豆腐みたいにふにゃふにゃで、長いことお湯に浸かった足の裏ほどにふやけていいます。

死に神の一番であることをぶん投げた後に残ったのは、足元がふらふらする、目眩をおこしたかのような不安でした。

死に神ソオルは、弱い奴です。

昔、強いのは自分の力だけだと思ってました。

だけどどうやら、強さは、仲間とか信頼とか人間の笑顔とかでも出来るみたいです。
やわらかくて、温かくて、しなやかなチカラ。

ほんとはあのままくたばっても良かったんだけど。

せっかく貰った命だから、豆腐の地面のような道を、ふらつきながら歩いて行こう。

死に神ソオルは、ヘラヘラ笑っています。
紅い髪留めをパチンと結うて、左手には紅蓮の得物を巻き付けて、目の奥には一筋の光を宿して。

それでいいんだと、思います。
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
衣装裏話『復活後のソオルの服』(七海)
111104_2349~01.jpg
ココニが趣味で選んだソオルの服です♪
水玉スケスケスカートヒラヒラ!!

ヒラヒラはあのイーナ様も御用達のお店で購入しました。
ちょうど時期がハロウィーン前だったので、
「ふふんふんふん〜仮装に使うよ〜」
という雰囲気を勝手に醸しながら買いました。

しかしこのヒラヒラ…今後どうすれば…!?
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
小道具裏話『スズメさん』(七海)
111031_2002~01.jpg
スズメさんの魂ですー♪

タマゴ型の木に顔やら何やらを描き込み、モコモコ毛糸をぐるぐる巻いて作りました。

稽古の段階では毛糸がなく、ソオルが落とすとコロコロと何処かに転がってしまってココニが困る…という事で、転がり防止に毛糸を巻き付けたのですが…。

ふわっふわでかわええー!!

暗転の中で取り出して、手のひらの中にセットすると、必ずソオルのほうを見て(やあ!)という顔をするスズメさんは、密かに緊張を解く癒しアイテムでした。
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
小道具裏話『ココニの得物3』(吉田)
111103_2300~02.jpg
こちらが本番用の得物…日傘です!
本当に本番二回と舞台での練習にしか使いませんでした!

小屋入り後に気がついたんですが、黒い傘を上に投げると、幕と照明の相乗効果で傘が見えなくなるのでした。
それに『天井ホールは天井高いから、心行くまで放り投げるぞ!』と思っていましたら、いろんな吊りもの関係があり、『投げていいポイント』が限られていたのでしたー(笑)。

舞台にたった回数は一番少ないながら、早々に決まっていた本番小道具なので、吉田家で自分の自分の出番を待ち続けていた健気な子なのです!
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
小道具裏話『ココニの得物2』(吉田)
111103_2301~01.jpg
こちら二代目の得物、日傘です。
初代使用中に本番用が確定していたのですが、『こんなに早く壊れるなら、本番用を使うのは危険だ』ということで、小道具さんが用意してくれました。
本番用とまったく同じ物がなかったので、色違いのピンクです。

ところで、傘を回す時に大変なのは何かと言えば、真ん中ではバランスがとれないことなのです。
バトンとかはちゃんと真ん中でバランスとれるようにできてますよね。
バトン経験ないですけど(笑)!
なので単純にその傘に慣れるのが一番なんですが、なんと!
初代とこの本番用と色違いの二代目、長さも材質も違ったのです。
勿論重心も変わりますし、それにあわせて持つ場所を変えたら回すときに体にぶつかる!
なぜなら長さが違うから!

散々練習した結果、初代より遥かに造りがよく、頑丈なこの子が…壊れましたorz
初代と造りが違うので、多少の破損でも工夫すれば騙し騙し使えまして、ゲネまで相棒として一緒に舞台にたちました。
ついでに本番もいざというときの代役として、舞台裏にいました!
一番長い時間を共に過ごしたので、一番手に馴染み、一番愛着があるのがこのピンクの日傘なのでした!
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
その他裏話『受付飾り』(七海)
111023_1509~01.jpg
今回の公演は10月。
という事で、街にはハロウィーングッズが溢れておりました。
オバケちゃんは災厄に似ている…という事で、こんな飾り付け!

実は怪事街ニャーの時、
「ハロウィーン時期だったら黒猫グッズがいっぱいあったのに!」
と、2月公演時期に地団駄を踏んだ受付飾り付け班。

そのリベンジではないですが、今回ついにハロウィーン時期に、ハロウィーンの飾り付けグッズに雰囲気の合う演目を行う事が出来ました!

いや、飾り付けものに合わせて物語を決めたわけではありません…!
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
衣装裏話『日和ったソオルの服』(七海)
111104_2347~01.jpg
ソオルが物語前半に着ていた衣装です。

てろーんとしたズボンは、七海御用達の民族雑貨屋さんで、
「部屋着にいいですよね〜」
と、店員さんにコメントされつつ買ったもの。
流石に「衣装にする気だが、耐久性は如何かね?」とは聞けず…!
手洗い推奨なので、いちいち手で洗っていました!

シマシマシャツはカジュアルショップの店員さんとやり取りしながらか購入したもの。
他の色のボーダーを薦めなられる中、
「いや、やっぱりこの色が好きッス!」
と言い張りました…!
肌触りがよくて、着心地抜群の一枚でした♪
category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)
衣装裏話『マニキュア2』(七海)
111103_2157~01.jpg
全く女らしくない上に、色合いが色合いなので、皆さまお気づきではなかったかも知れませんが…。

ソオルもココニ同様、マニキュアを塗っていました!

おそらくマニキュア…とかではなく、死に神は生まれつき、爪に色が付いているのだと思われます。
ココニは可愛いピンク、ソオルはスキッと水色、ココイチ兄ちゃんは…やはり山吹色でしょうか…??

category:[ソウガー]公演後裏話, comments(0)